学ぶ・体験する

野菜を買うには



百菜劇場オンラインショップ


百菜相談室ブログ

無農薬・無化学肥料の野菜づくりのお悩みにお答えします
-おからでぼかし
Q.
再び、愛媛県の野満です。
度々お世話になります。
前回質問させていただいた「セスバニア」の種、
無事雪印種苗にて購入できました。ありがとうございます!

今回ですが、ぼかしについての質問です。
今年からぼかしをつくってみようかと思っているのですが、
わたしのところは「おから(国産大豆)」と
「米ぬか」が簡単に手に入る環境です。

米ぬかについては『有機農業コツの科学』の中に触れられていたのですが、
おからについては窒素分は大体どれくらい含まれているものなのでしょうか?
もしご存知でしたら。
いろいろ探したのですがなかなか情報がなかったもので。

そしてかなり傷みやすいものだと思うのですが、
おからと米ぬかでぼかしを作る際に注意点などありましたら
教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。
A.
「有機農業コツの科学」の中のぼかしの作り方でも書きましたが、
応用として、べちゃべちゃで水分が多いものは、
糠や油かすなどの乾燥したもので水分調節をするのがコツです。
要するに水分含量を40%くらいにするのがいいのです。

窒素含量については、マメのかすがおからですから、
油かすと大差はないと考えてよいでしょう。
それほど気になるようなものではなく、
むしろ育てているときに葉の色を観察することをおすすめします。

養分にだけ気をとられるんでなく、
問題は作物がどのように育っているのかを見ることこそが、
最も重要なことだと、私は思います。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント


 お答え頂きありがとうございます!

 了解しました。
 上手にぼかしをつくり、お野菜の腹8分目を見分けられるようになれればと思います。すぐには無理かもしれませんが、いろいろな学びを楽しみたいと思います。
 
まんがら | 2008/05/10 11:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soudan.100seeds.net/trackback/741642
この記事に対するトラックバック
<< おすすめ参考書(穀物・果樹編) | main |